学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

「野菜・花苗お薦め」 ― 「結い―YUI―」(JA北九)

店先に並んだたくさんの苗
店先に並んだたくさんの苗

 見て楽しめる、買って楽しめる。JA北九のJAショップ「結い―YUI―」は2010年6月、北九州市の総合農事センター内にオープンした。

 農事センターは、都市型農業を振興するための拠点施設と同時に、市民が農業について知り、学び、理解する場だ。センター内のバラ園や芝生広場、日本庭園などで花見や散歩を楽しんだり、植物の観察学習をしたりすることができる。そして、「結い―YUI―」に立ち寄り、商品を買うことができるという、2度も3度も楽しめる場所だ。

 そんな「結い―YUI―」のお薦めは野菜や花の苗だ。店の前には、たくさんの苗がぎっしりと並ぶ。買い物客は、「花壇でアレンジしてある花を見て買うものを決めたり、植え方の参考にできる」と話す。買うことだけを楽しむのではなく見て楽しむこともできるので「また来たい」と思う客も多いのだろう。

 平日の午前中に訪れると、車の来店客がかなり少なく感じた。買い物客に尋ねると、問題は有料駐車場なのだという。毎日買い物の場として利用したい客にとって、有料駐車場はつらい。近くに住む人にとって、より使いやすい場所となることで、「また、来たい」から「毎日来たい」人が増えるのではないだろうか。

メモ

「結い―YUI―」
苗はもちろん野菜や米粉パンがお薦め。2010年度の販売額約4000万円、年間利用客数4万9000人、平均客単価800円。

大学生記者 福岡女子大学・山口舞子さん
大学生記者 福岡女子大学・山口舞子さん