学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

ブドウ 遠方の客も評価 ― 四季菜館(JA直鞍)

安田さんの自信作「巨峰」
安田さんの自信作「巨峰」

 近所のおじいさん、おばあさんがスーパー代わりに立ち寄るのは、JA直鞍の農産物直売所「四季菜館」だ。八角形のとんがり屋根の建物が目を引く。

 店の中に入ると秋の味覚、ブドウが出迎えてくれた。親子でこのブドウを作っている安田さんに話を伺った。

 息子の久雄さん(35)は大学を卒業して海外で農業関係の仕事を数年続けた後、故郷の若宮に戻り、父親と共にブドウ作りをしている。安田さん親子の作るブドウは口コミでおいしさが伝わり、遠くは北海道から取り寄せる客がいるそうだ。もちろん、近所の方にも人気だ。

 よく買いに来るという客は「ここのブドウは外れがない。全部甘くておいしい」と話していた。試食すると、どの粒も果汁をふんだんに含んでおり、口の中で甘いエキスがはじけた。

 安田さんは、食べてもらう人のニーズに合うブドウ作りをしていきたいという。その言葉通り、消費者ニーズには敏感だ。

 最近の消費者の好みは、「巨峰」だけでなく、いろいろな種類のものを少しずつ食べる傾向にあるようだ。そのため、さっぱりした「翠峰」やブルーベリーも「巨峰」と共に詰め合わせて出荷している。

 食べる人に喜んでもらいたい、という作り手の思いが人気を呼んでいるのだと感じた。秋の贈り物にいかがだろうか。

メモ

JA直鞍「四季菜館」
「四季菜館」では、程よい甘味と適度な粘りが特徴の「宮若米」が人気。2010年度販売高1億1600万円、年間利用客数10万5000人。

大学生記者 九州大学・古山弘己さん
大学生記者 九州大学・古山弘己さん