学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

"おはぎ"ファン多く ― 花野果館(JAみなみ筑後)

季節の花の絵が添えられたおはぎ200円(2個入り)
季節の花の絵が添えられたおはぎ200円(2個入り)

 食を通して心温まる出会いがある。JAみなみ筑後「花野果館」で、そんな魅力ある商品に出会った。猿渡和香子さん(59)の作るおはぎがそれだ。

 パッケージには、猿渡さん自筆の小豆の花が咲いていた。季節の花の絵を添えて季節の移ろいを感じさせる粋な計らいがうれしい。自宅の畑に咲いており、そのことを知らせたかったのだという。

 店頭には毎週金曜日に並ぶ。こだわりは、当日作った出来たてを店頭に出すこと。あんこは1時間煮て1時間練って作られる。餅は100%もち米でできており、3日たっても柔らかいのが特徴だ。おはぎは、あんこずっしりだが甘さを控えているので小豆のしっかりした味わいが楽しめる。猿渡さんの人柄をそのまま映した優しい味がした。

 猿渡さんのおはぎには根強いファンが多い。「うちは、こん人のおはぎしか食べんのよ」と言って購入する人もいた。おいしいね、と声を掛けられることが大変うれしく、ありがたいことだといってほほ笑む猿渡さんを見て、とても和やかな気持ちになった。

メモ

JAみなみ筑後「花野果館」
「花野果館」の人気商品は「みなみ筑後の米味噌(みそ)」と有明海で取れた「塩のり」。2010年度販売高6300万円、来客数10万人。

大学生記者 九州大学大学院・櫻木公仁子さん
大学生記者 九州大学大学院・櫻木公仁子さん