学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

桑の実など多彩な品-採れたて市場 美夜古かつ山(JA福岡みやこ)

白銀さんが出荷している桑の実。1パック200円
白銀さんが出荷している桑の実。1パック200円

 アケビや桑の実、桑の葉などは、普段スーパーではなかなか目にしない農産物である。

 今回の取材で、桑の実を初めて目にして食べてみた。生の桑の実はほんわりとした味で、栄養価が高く体にもいいそうだ。白銀勝利さん(69)は、そんな少し珍しい農産物を、JA福岡みやこ「採れたて市場」美夜古かつ山に出荷している元気いっぱいの生産者だ。

 白銀さんが、人とは少し違う物を出荷するのは「30年後を考えて行動する」という信念があるからだ。そのため、10町の土地を買って酪農を始めたり、一番もうかっていたときに酪農をやめて野菜に切り替えたり、直売所がまだ知られていないときに直売所を始めたりと、いつも先を見据えて動く。今の常識にとらわれない農業を実践してきた。

 また、農作物を作って売るだけではない。小倉の動物園からふん尿を引き取り肥料として活用したり、動物の餌として草や竹を売ったりするビジネスにも取り組んでいる。

 夢はまだまだ果てしない。今は、土地をもっと広げ、高齢者が遊びに来て土に触れ、リフレッシュできるような施設を作ることが目標だという。白銀さんの生き生きと語る姿は、とてもまぶしくみえた。

 

メモ

「採れたて市場」美夜古かつ山では、直売所内のパン工房が人気。また、ジャムやみそなど、JA福岡みやこオリジナルブランドの加工品が豊富である。2010年度販売高は2億7700万円、年間利用客数は45万人。

大学生記者 九州大学・臼井百合菜さん
大学生記者 九州大学・臼井百合菜さん